2005年10月26日

今日の紹介 ニュース トレンドマイクロ、スパイウェアやウイルスの感染マシンを自動復旧させる新製品3

今日の紹介は、いったいセキュリティ
にいくら使えばいいの思いたくなる
トレンドマイクロ、スパイウェアや
ウイルスの感染マシンを自動復旧させる新製品
のニュースです
ニュースを読んで見ると

トレンドマイクロ、スパイウェアやウイルスの感染
マシンを自動復旧させる新製品 - ZDNet Japan」


という記事が目に止まりました。

内容を確認してみると

新規発売される製品は

HTTP/FTPゲートウェイ向けセキュリティ対策製品
InterScan Web Security Suite 2.5(ISWSS)

復旧する専用サーバ製品
ダメージクリーンナップサービスサーバ 3.0

の2品です。

さらに内容を読んで気になったのが
「ダメージクリーンナップサービスサーバ 3.0」記事で
ネットワークに接続されているクライアントコンピュータ
にウイルス対策ソフトが導入されていなくても、サーバで
設定したスケジュールか手動でウイルスやスパイウェアの
検出削除、システムの自動修復が実行できる

と書いてあるのですが、対策が入っていない場合は、
必ず感染すると言うことなのでしょうか?

基本的には、感染する前に防いでもらいたいのですが、
スパイウェアについては、技術的に難しいのでしょうか?
もし、開発に携わった人が、このBlogを読んでいたら
コメントが欲しいところです

その他にも気になる機能としては

ISWSS

 不適切なウェブサイトやフィッシングサイトへの
 アクセスを禁止機能

  この機能は、とても重要です。

 HTTP/FTP経由で外部に送信しようとする不正な
 データを阻止する機能

  情報流出を防ぐ為にもこの機能は必要です。

 不正なURLへのアクセスを防止するURLフィルタ
 リング機能

  会社のルールとして、見てはいけないとしても
  必ず、見ている人がいます。
  悲しいことですが、このような機能も必要です。

ダメージクリーンナップサービスサーバ 3.0

 ウイルスやスパイウェアの検出、削除
 システムの自動修復機能


 上記でも書いたのですが、感染する前に・・・


などがあるようです

非常に興味をそそるのですが値段のほうが

標準価格(税別)はいずれも1000アカウントあたり
ISWSS
ISWSS                 
 133万円
Webセキュリティ強化オプション     
 133万円
モバイルコードセキュリティオプション 
 5万円

ダメージクリーンナップサービスサーバ 3.0
 141万円

しかも
1年ごとに契約を更新、契約更新料は、標準価格の半額

た、高い、本当にいる機能としているのは
分かるのですが、零細企業はどうすればいいのでしょう?

ライセンス数に応じて割引料金が適用となっていますが
5ライセンス単位で買えるのでしょうか?気になります。
(皆さんは、どう思います?思うことがあればコメント
 よろしくお願いします!)

しかし、気にある商品ではあるので、今後の動向を
見つめたいと思います。

その他の記事もありますので、興味のある方はどうぞ!
エンタープライズ
LifeStyle


ではまた

arumage at 23:22│Comments(0)TrackBack(0) ソフトニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
募金
ランキング
blogランキングに挑戦しています
面白かったら一度クリックしてください!!

banner_01

livedoor プロフィール

Maico

SE歴数年
自分のサイトを持ちたいとこのサイトを立ち上げました少しでもみなさんの役にたてればよいと思っています。
なお、当サイトに掲載している情報は、筆者がその内容を必ずしも保証するものではありません。いかなる義務や責任も筆者は一切責任を負いかねます。情報の活用は利用者各自の責任の範囲内でお願いいたします。

お気に入りです
Amazon
フィードメーター - SEが薦める役に立つ フリーソフト & ソフト
あわせて読みたいブログパーツ